任意売却は沿うほうにとってメリットのあるもの

債務を整理する方法の一つとして任意売却があります。「任意」という言葉は、つまり強制ではないという事を意味します。強制とは法的な強制力を指しますから、任意売却と言うのはつまり法的な力を利用せずに債務を整理する方法だと考えれば良いでしょう。これが行われるのは住宅ローンを利用して住宅を買い、そしてまだ返済中の時だと考えればよいと思います。債務を整理するためには、資産を売却する事が必要となってくるでしょう。そして、それらの資産を売却した資金によって債務を返済していくという事になるわけですが、このときにネックとなるのが抵当権の設定です。住宅ローンの融資を受けるときには、購入する住宅に抵当権を設定します。

これは金融機関が貸し倒れのリスクを減らすためなのですが、抵当権が設定されていると、勝手にその不動産を売却する事はできなくなるのです。では、抵当権を解除す売るためにはどうすればよいのかというと、基本的な契約ではローンを支払い終える事が必要となります。ローンを完済すれば抵当権が解除されるようになっているのが一般的です。しかし、債務整理が必要なときにはローンを完済する事ができないわけですから、これではどうしようもなくなってしまうでしょう。このときに任意売却が必要となるのです。任意売却とは、売却するために抵当権を解除してもらうことだと言えるでしょう。本来は、金融機関は返済が終わらないと解除しない抵当権を、売却のために解除するものなのです。では、なぜ金融機関はこれに応じてくれるのでしょうか。

これには最終的な利益があります。もしもこれに応じなかった場合にはどうなるのかというと、基本的には法的な手段に出るしかないでしょう。法的な手段とは、つまり競売です。最終的に不動産は競売にかけられることになるのですが、競売というのは安く買い叩かれる事が多いようですから、金融機関にとっても不利なのです。債務整理を行っている人にとっても、競売にかけられると売却代金が少なくなるわけですから、返済できる債務も小さくなるでしょう。この事を考えれば、任意売却を利用したほうが良いと考えられるでしょう。このように、任意売却は金融機関側にもローンを利用している側にもメリットのあるものだと言えるでしょう。そのために協議が成立して任意売却が行われる事になるのです。任意売却をするためには、法的な処置が行われるまでに手を打たなければなりません。